日々における真空報告官の御動静をお伝えします
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

映画見聞録 「太平洋奇跡の作戦 キスカ」
キスカ 太平洋戦争における敗戦が目前に迫りつつあった昭和18年7月、アリューシャン列島のアッツ島玉砕に続き、それより120浬離れた孤島キスカ玉砕は時間の問題とされていた。アメリカ北太平洋艦隊に包囲されたキスカ島守備隊5200名を救出すべく、日本海軍は第5艦隊を派遣し、連合軍が監視する中を作戦を立てて突破する…という話。

 多くの評論にも書かれているが、この映画、数少ない日本の「敗戦映画」ではなく、作戦的"勝利"の映画として名高い。

 軍艦等の特撮は円谷英二。なんか船とかが"ウルトラ"な感じもするんだが、いい感じだしてます。三船敏郎、山村など、当時の軍人っぽいキャスティングも健在。モノクロ映画ではあるがあっというまに時間が経過してしまう感じだ。

 一滴の血も流さず撤退(事前に空襲等では死者を出している)という珍しく痛快な映画。なぜか"アリューシャン列島"という響きがカッコいい雰囲気。終戦記念日には是非ごらんいただきたいです。
映画見聞録 「日本一のゴリガン男」
日本一のゴリガン男 植木等が亡くなり、再び往年の無責任シリーズを見直すことにした。レンタルショップの無責任シリーズも全部DVD化したことだし。

 見直し1本目は「日本一のゴリガン男」

 "ゴリガン"とは関西で使われた言葉で「御利願」、「強力願」のあて字があり、"強引に押し通す"という意味があるのだという。

 植木等演じる日本等(ひのもとひとし)はある日、落ちてきた鋼材で頭を打ち、1年の入院生活。退院するも勤めていた会社は倒産しており、後に入った企業の中で勝手に「日本等課」(ひのもとひとし課)を立ち上げ営業活動を開始する…みたいな話。通常のクレイジー映画にはクレイジーキャッツの面々がどこかに登場するものだが"ゴリガン男"では植木等の他には桜井センリしか登場しない。しかしながら楽しめる作品だ。

 注目は"ルーキー新一"だろう。今や知っている人は確実に減っている「悲劇のコメディアン」。こういう芸人がいたことは覚えておきたいところ。あとはいつもチョイ役の人見明が植木等と1コーラス一緒に歌うシーンも必見です。