日々における真空報告官の御動静をお伝えします
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第二次北海道行幸録 (R指定)
 

 久々にBlogの投稿画面に向かう。

 Twitterでも随時更新してたんだが、一応記録と再確認のためにまとめる。

 出立は29日、二回目の北海道への行幸。目的地は新千歳国際空港だ。



 千歳で御台所のお迎えの車に乗ってまずは漁港へ。メンテ? で陸に上げられ、同一方向を向いている漁船団がお出迎え。この景色は圧巻だったなぁ。

 今回持参のカメラはM5にズマール50/f1.5に借りてきたワイドへリアー15mm、まさしく二本勝負。未だに広角レンズをどれにするか煮え切らない僕・・・。

 港の所々で撮影。やはり着たかいあってどこを切り取っても絵になる絵になる。

 とりあえず撮影の興奮から覚めてからそばの食堂でウニ、いくら、ホッキ貝丼を食す。こういうの食べると「北海道来た!」って感じ。

 その後は工場地域などを再び撮影。陽が落ちると気温が著しく低下して寒い。カメラを持つ手が震える5月の北海道。



 二日目、北海道開拓の村を訪問。小金井の「江戸東京たてもの園」の巨大版。50棟もの移築があるが、北海道に建てられたものなので、いずれの建物も巨大。回るのも一苦労。



 もう、草臥れてこんなショットを撮って遊んでいます。。。

 開拓の村をほぼ一日かけて周遊。かなり充実してますねここは。面白い。



 3日目。ここはロンドンではありません。「白い恋人」工場です。恐ろしく豪華なテーマパークとなっている石屋製菓の工場。一時期干されましたが今では完全復帰、相当金もってますねこの会社。



 我々も生産工程を立ち入りチェック!! 恐ろしい数の「白い恋人」がラインに乗って流れてきます。「白い恋人ドリンク」もあり、飲んでみたけど”ミロ”みたいな味でした。

 晩は狸小路の「下町ウルフ」なる居酒屋で一杯。ホッケのあいなめや、海水ウニ、青ソイ等と共に飲む酒は、、美味かったなぁ・・・。



 行幸4日目、最終日。今回の旅もこの日に最頂点を迎えます。まず向かったのは北海道ではスタンダードブランドとなっている「坂ビスケット」の製造元、ワンダーランド系雑誌でも有名な坂会館を小雨の中、電撃訪問! 入る前から二階の窓ガラスに怪しげなマネキンがお出迎え・・・。



 中は、坂ビスケットの社長が集めたいろんな懐かしいモノグッズや、ヌード、SM、様々なコレクションがトグロを巻いています。ここはすごい。



 伝説の”日本酒の蓋コレクション”ですヨ! 話では聞いたことありましたけど、こうやって集めてたんですね。何かのお菓子の空きケースに詰められてるようですが、アートを感じるコレクションです。すごい。



 そしてレトロスペースの真骨頂! SMリカちゃんコレクション!! これを見ずして坂会館は語れません。様々な縄縛りの技がりかちゃんを緊縛しています!



 何故かトイレに座らせられているりかちゃんや、



 もう、こんなのがいっぱいです。盛りだくさん。

 これだけのモノを見せてもらって入場料無料! 奥にあるビスケット販売部は結構人の出入りがあって、みんな凄い量のビスケットを買っていきます。「A字フライビスケット」っていうのが有名みたいですネ。



 坂会館を最高に満喫して恵庭にあるサッポロビール工場へ。ここでも黒ラベルなどの生産ラインを見学することができます。



 工場エントランスには赤星が燦然と! さすがに工場内は撮影禁止。1000トンの麦を2日で使用しきってしまうんだそうです。缶ビールは1分間に900本を生産できるらしく、その工程も見せてもらいましたがすごい勢いでラインが回っています。やるなサッポロビール。



 その後はサッポロビールを試飲したりして飛行場へ。ノンビリ飯を食べたりしてチケット交換カウンタへ行ったらなんと飛行機に乗り遅れることが発覚・・・。


 完全に焼きが回っていますね。東京についたのは0:30でした。。

 北海道、なかなか充実してます。レジャーにはオススメですネ。
写真部復興! 箱を買ったり函を買ったり。
 

 震災後、初の神田光画部。とにかく今回の震災では今の撮影主力のLeica M3とM5が大きな打撃を受け、経済的にも、メンタル的にもかなり「被災」している幹事。

 特にM5はファインダー窓が割れるというかなりの致命的打撃・・・。結局このM5については追々修理をかけることとして、しかしM5無くして今の撮影活動は無理・・・ということで急遽もう一台新たにM5を調達! 既に意地になっている・・・。

 震災の前の週にM8とOLYMPUS E-3の売却、納品を終えていたので予算があったというのがかなり大きい。納品前に地震が着ていたら明らかにこの2つのカメラは傷が付き、売買契約は白紙になっていたに違いないと思うと・・・40万円近い金額が動いていたので不幸中の幸いと考えるしかない。。

 今回は新たなM5を担いで颯爽と部活を復興!・・・と思っていたが前日飲みすぎて12:30秋葉原集合。とりあえず鰻屋に腰を酒を飲んだり鰻重を食し、気分を落ち着かせてからブラブラと河童橋に向けてブラ散歩状態。途中、舶来工具ばかりを取り扱う店を発見し、ひやかすが、ペンケースのような妙なサイズの金属の函に引かれてとりあえず安かったので二つ程購入。何かカメラの部品でも収納しようと思う。まだ用途未定。

 そして河童橋。土曜なので多くの店が開店している。昼に鰻を食べたせいか、思い出したのは「そうだ、家で鰻を食べる時にいつも器に困るではないか!」という事。たまにレトルトチックな家庭用鰻をいただいたり、購入したりするんだが、自宅で食べる時、本当に盛り付けに困る。やはり鰻にはあの「重箱」が必須アイテムなのだ。と、いうわけで早速什器屋を巡って鰻重用の什器を購入! ¥1200也。これで心置きなく家庭で鰻を楽しむことができる。。

 16:30あたり、既に写真部というより河童橋ツアーとなっていた我々は河童橋珈琲にて部活を終了。振り返ればシャッターはあまり切られず、僕の手元にはいろんな”ハコ”ばかりが残るのだった。
東日本大震災顛末記
 

 さて、金曜日を振り返ってみよう。10:00に九段下のクラアントにタクシーで行ってweb番組コンテンツの打ち合わせ。11:30に会社に出社してメールチェックをして空腹の為、早めに食堂でLunch。13:00、デスクに戻って6月ローンチの新規サイトのTree図を構成してたりしたら・・・揺れだしたはず。いつもの地震かと思えば段々揺れは増すばかり、揺れの増大と共にその場に立てなくなりヘルメット着用してしばしかがんで・・・収まるのを待つ。

 揺れが収まるとビルの防災警報と共に階段で屋外非難指示。外でテナントごとに並んでるんだか溜まってるんだか・・・みたいな状態で推移を伺い、とりあえず階段で12階のオフィスまで戻る。

 戻った後も余震続き、申告制で帰宅許可が出たろころで地図をプリントして17:15に会社出る。徒歩で麻布〜芝〜日比谷等を抜けて2時間かけて神保町に出る。いつもの店でとりあえず酒と鱈チリ鍋で食料補給していると先行して帰宅している弟より家の惨劇具合を聞きつけ、再び徒歩で帰宅。

 家は足の踏み場のない状態。家の食器の半分は割れる。自室のドアが内側に倒れているボードの干渉で開かず、二人がかりで開放。カメラ防湿庫崩壊。中のカメラ、甚大なる被災。といったところ。

 今回の震災でまずわかったことは「非難MAPはやはり必要」ということ。交通機関がとまってしまうと徒歩で帰るしかないので、あるきなれない場所を通り抜けて帰らなくてはならない。この通路を確認するのはケータイGPSもいいけどやはり紙に勝るものなし。電波が無くなったらどうすんの? 電池なくなったらどうすんの? ということを考えると紙の帰宅路MAPはやはり便利。僕もオフィスに戻ってプリンタ稼動を確認してまずそれを作った。今後は会社のヘルメットと一緒にしておいて不足の自体に備えるつもり。あと、帰宅は早めにすること。僕は17:00から帰宅したけど、陽が落ちてから歩くのは街のランドマークもわかりずらいし、寒いし、しかも危険。帰ることができる状況であれば僕は早めに帰宅をするほうがいいと思う。

 次にやはり高いトコロにモノを置くのはリスキーだってこと・・・。カメラの防湿庫ごとひっくり返り、M5はファインダーが破損、M3も軍艦部破損のかなりの被害・・・。大事なモノは仏壇より高い位置に置かない、これが今後の僕の常識。

 そしてSoftBankの電波は他キャリアに比べて脆弱すぎるってこと。もうキャリア変えようかな・・・死にたくないし。。。

 昨日まではガラスの破片多数にて家内も靴をはいて生活。なんとか半分は片付いたが・・・カメラについては唖然としていて手をつけられず・・・。
進め! 神田光画部 北千住とleica M3の巻
 
NEX-5 + Lズマール50mm/f2

 いよいよM3ダブルストロークデビュー! 今回の部活は北千住をスタートして亀有まで歩こう! というコース。北千住の路地奥にはまだまだ古い町並みが沢山残されていますネ。

 今回は初導入のM3 DS(ダブルストローク)にLズマール50mm/f2とNEX-5という布陣。

 基本の”キ”的なM3ですが、50mmファインダーが大きいせいか!? ダブルストロークのテンポの良さか!? はたまた新しいガジェットなので熱くなっていたのか!? あっという間に36枚を撮り終えました。Lエルマー90も時折使いましたが、やはり圧倒的ファインダーの大きさにより、とても使いやすい!

 なんだか街の寂れた風景だの、廃墟だのトタンだのと・・・退廃チックなモチーフを拾い集めていることが多い写真部の日々ですが、ふと最近熟読している横光利一の退廃的世界観とオーバーラップしてきてちょっと怖い感じがあります。

 蛇行して歩きすぎて最終目的地、亀有に到達できず綾瀬にて終了。カメラもいいけど我々に今必要なのは「万歩計」である。いや、相当歩いてますって。
「3DS」発売日ですが僕は「M3 DS」を買った件


 LeicaM8、そしてOLYMPUS E-3と、デジタルを二台処分してしまいスッキリ。ただ気がつくと僕の手元にLeicaは「M5一台」という緊急事態に・・・これはいけない! ということで、丁度松屋のカメラ市もあったので勇んで視察したものの”出物”は特に見つからずレモン社へ流れる。

 今回購入したのは「基本」のM3。だが、僕の欲しかった「DS(ダブルストローク)で、シャッタースピードが等倍(1-2-4・・・)であること」というのが条件。DSは基本、初期型なのでシャッターは「1-2-5」の古い刻みのものがデフォルトなのだが、SS(シングルストローク)への切り替え時期に数万台だけ存在する「DS + 等倍シャッター」のM3がどうしても欲しかった。50mmを基準に撮影する僕にはとてもM3は取り回しもよく、DSの浅い巻上げ角はリズムを取りながら撮影するにはとても良いです。

 DS自体がニッチなのか?! 比較的安価で購入することができました。これにて一件落着。
リーチ! リーチ! スーパーリーチ!
すんませんが、当然「麻雀」の話ではありません。


 

 さぁ、いよいよ先日購入した河出書房新社編「定本 横光利一全集」が届きましたヨ。

 うず高く積み上げると・・・ん〜、、、デカい、壮観。去年購入した福武書店「内田百料棺検廚亙幻砲梁里世辰燭里妊灰鵐僖トだったが、横光利一の全作品を読もう! なんという奇な人は現在、然程はいないので昭和50年代に発刊された立派なA5版単行本サイズ合わせて17巻。これから読破するために一冊ずつ持ってあるくわけだが・・・重そうだ。

 収録されている目次を見るととてつもない数の「短編小説」がちりばめられていることがわかる。

 その昔は、長編大作を時間をかけて書き上げる、ということは大変なことで、要するに書き上げるまでは「一銭も収入がない」に等しいわけです。なので、お金の無い作家は読みきりの小さな作品をこなしながら、余った時間などをつなぎ合わせて大作を書き上げなくてはならなかったわけです。そう考えると短編ながらもキラリと光る横光利一の作品、これから読むのが楽しみですね。
進め! 神田光画部 春日〜蓮根を歩くの巻
 

 休みには、とにかく歩いて歩いて写真を撮って、頭を冷やして空にして、全てを忘れて酒を飲む、そんな願望に取り付かれている今日この頃。

 神田光画分は今週も無事に出動。今日は春日から板橋を経て蓮根へと歩きました。

 M5とNEX-5を担いだものの、M5にバッテリを入れてくるのを忘れて・・・結局NEX-5にシムラー5cm/f1.2を装着して撮影。毎回、街を歩く場合は路地に入り込み、寂びさびとしたものを探して撮影するのが”習慣”になってますが、三田ラインもかなりいい感じです。

 家に帰ってチェックすると寂びさびした画像をたくさん見ることになるんですが・・・これを全部展示したらそれはそれはネガティブな、”廃墟前夜祭”みたいな写真展になる・・・というような事を思うと苦笑してしまいます。
昭和生まれの方必見! アイ・アイゲーム
 子供の頃、山城新伍がなんだか妙に好きで、アイ・アイゲームも必ず見ていた。毎週日曜日の22:00〜の放送だったので、当時子供だった僕に母親に「見てないで寝ろ」と言われても抵抗してアイアイゲームだけは見た思い出がある。

 随分前にオープニングの動画を見かけたんだけど再びなくなり、また偶然に発見したのでご紹介。

 「芹沢八段」とか、懐かしすぎだな・・・。新伍氏も既にこの世になく、芹沢八段も番組終了二年後の1987年には死去しています。。

 まさしく「チョメチョメ」の世界。そう、まさしく僕は4歳児くらいの頃からチョメチョメと言っていた変な子供・・・。”変”であることは今も脈々と受け継がれています・・・。

 あの頃はテレビ、好きだったなぁ・・・。昭和生まれの方は必見です。


■参考資料:アイアイゲーム

アイアイゲーム
アップロード者 devotion0311. - アートとアニメーション動画。
神田光画部 いよいよ奥多摩湖ロープウェイに”潜入”
  早くも今年4回目の神田光画部。良識ある大人としてはなかなかの実施達成率。

 今回は車両遠征シリーズ第二段。取り急ぎ「奥多摩がいいんじゃないか」みたいな話をしておいて朝7:30に綾瀬集結。7:30に綾瀬にいるには少なくとも6:30起床のタイムラインでなければ間に合わないが前日、飲んでいたので眠い眠い・・・。6:30起床なんて大学受験以来だ。

 綾瀬から車に揺られること約3時間。目指すは「とりあえず奥多摩湖」。みるみるうちに都会から山の景色に変わります。奥多摩湖は寒々とした観光地、といった面影。特に「ここが観光中心スポットです!」みたいな場所はないみたい。

 奥多摩を撮影地に策定した背景には、以前、一時行きたかった「ロープウェイ廃墟」と「廃村集落」があることを知っていたからでした。二つとも、その確たる場所の存在は把握してませんでしたが、それくらい荒廃しているなら、他の場所もきっとそんなテンションに違いない・・・という想像からです。

 実際に行ってみると確かに古い民家の街並み? 村並み?? 的景色を目にするのですが何しろ道が上下一斜線づつ、しかも狭いので、途中で車を駐車することもできずに進むのが精一杯の上京が続いていました。



 そして奥多摩湖周辺の駐車スペースで錆びた鉄塔を何気なくみそめて車両を停止し、鉄塔の上を見上げればワイヤーが。そしてそのワイヤーを辿った先にはなんと、あの有名な奥多摩湖ロープウェイが!!! というのが事の起こりです。

 ノンビリとした気分から一瞬にして「激写」モードに切り替わった我々はまず、あの、山の上の駅舎まで辿りつかないといけない。周囲の様子を伺い、まずは山登り・・・と思いきや、途中で道はなくなり滑りやすい急勾配の土の斜面に阻まれて先に進むころができません。スパイクの無いシューズではとても上に上がることはできず、地団駄を踏んでいると今度は我々が上っている斜面の横道にパトカーが出現。これはヤバいです。まさか今日は廃墟撮影を本当にやるとは思わなかったのでビビットなブルーの上着とワインレッドのパンツのいでたちですから冬の山の色に馴染むわけもなく、すぐ見つかります・・・。

 取り急ぎ斜面をできるだけ降りて身を潜め、しばらくしてから他のモノを撮っていたのですが、撮影装備を変更して車から戻ってきた部員から聞けば車のそばに引き続きパトカーは待機していて「撮影できたか否か」をきかれたらしいです。顛末は書くと影響する可能性があるので、書きませんがそういうリスクもある、ということです。

 とにかく、パトカーをやり過ごし再度チャレンジをかけましたがやはり装備不足で山へのアプローチは断念せざるを得ませんでした。結果は赤土まみれのオッサン二人です。

 しかし、ロープウェイは二点を結んでいるわけで、A駅がダメならB駅に行けばよいわけです。鉄塔に張られたワイヤーを目で追い、カーナビで確認をして再度アプローチです。

今度は道も進入禁止ではありますが舗装された道路。しばらく上がると目の前に、ネットでよくみかけた「かわの駅」です。



 まさしく憧れていた秘境を見つけた冒険者の気分です。さて、進入路、退路を確認して潜入です。



 そう、まさしくこの絵です。念願の「くもとり号」が目の前にあります。ネットで頻繁にUPされているのでもはや画像のデータとしては珍しいものではありませんが、ここは「現場に身を置いてみる」、という行為に意義がある感じです。もはやここでは写真を撮ることは「データとしての補完作業」という二次的な作業でしかない事を悟りました。しかし、部活としての仕事もしなくてはなりません。担いできたM5にLズマリット50/f1.5と今日が実践投入初日のNEX-5で撮影です。

 奥多摩ロープウェイは昭和37年(1962)に開業した奥多摩湖(実際は人造湖、つまりダムです)を渡している路線で運営はわずかに4年。あとはそのまま放置され、運営していた奥多摩湖観光株式会社の所在もわからなく、現在も有名廃墟として奥多摩に君臨しています。



 1時間程撮影を行いましたがまさしく雰囲気に飲み込まれた時間であり、その場で開業時の景色を思い描きLinkさせる想像の場としてもとても興味深い場所でもありました。

 撮影後、そばの侘びさびの美しいコントラストを保つレストランで食事をしていると中年の女性店員に「撮影行ってきたんですか?」と聞かれ、まさしくこのレストランの現在の利益存続はもしかすると奥多摩湖ロープウェイ巡礼者が大きく影響しているのではないか? と思えるものでした。お話を伺ったところ、やはりロープウェイの運営期間は束の間で短く、運行当時はその女性もロープウェイには乗ったことがある、とのことでした。

 今日デビューのNEX-5についてはとても取り回しの効く便利なカメラだと思いました。気軽さ、という意味ではオススメです。セットレンズの18-55mmレンズでの撮影でしたが本格的に展開するにはもうちょっと本格的な望遠サイクルをもったレンズが欲しいな、とも思いました。

 早起きでしたが、色々と楽しい1日でした。

■参考資料:奥多摩湖ロープウェイWEBサイト
何度みても凄い映画
 YouTubeを見たらたまたま「戦争と人間」の予告編を発見。以前この映画を紹介するのは4年ぶりくらい。

 何度みても「戦争と人間」はすごい。DVDでも3巻構成だが、こういう質の高い映画がたくさん見たいなぁ・・・。出演者の半分は既に現世を引退していらっしゃる。。是非皆様に見ていただきたい。

■資料:「戦争と人間」

上記は第二部までの予告ですが更に第三部があるってことですわな。予告みた影響で再び見直してしまいました。