日々における真空報告官の御動静をお伝えします
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

いよいよ発売決定! iPhone
 Appleのお膝元では6/29にいよいよ待望のiPhoneが発売になるらしい。 日本での発売は…未定。

 うーんAppleサイトのCMとか見せられちゃうともう降参状態ですね。昔創造していた未来の電話が今、目の前に現れようとしているのですから。なんでこういうことがMSにできないのか、というのは本当に不思議です。別にAppleがやってくれるんだからいいんだけど。

 最近PSPとかでビデオ見たりしてる人とか多いですが(国内の携帯ではまだUIやスペック的に"?"があるからでしょう)、iPhoneの登場はこの状態に何らかの革命を起こす…ような気がする。まだ発売されるかもわかんないからなんともいえないけれど。

 WindowsMobileが搭載された次世代PHS Willcom W-zero3を1年使って挫折した僕にとってはiPhoneも全く不安がないでもない。その上、僕のiPodデビューはiPod miniの頃なのだがどうもiPodのファイル管理の仕組みに順応でいていなかったりする。なので、僕のiPodは今だにminiの状態(今や電車に乗っていてもminiなんて使っている人はほとんど見かけないレアアイテムにすらなりつつある)。やっぱiPhoneは国内で発売されたとしても暫くは静観するべきかも…。

 と、いらぬ皮算用で現実逃避の金曜日。皆様はいかがおすごしですか?



↓とりあえずここを見てビックリしときましょう。
名器狩り2(ハード編)
 猛暑が二日ぶりに戻ってきた模様。昨日は午前2時頃まで山の上ホテルで飲んでいたのだが、ホテルから出るとそこはもう…雨降る熱帯夜に変わっていた。

 今日も蒸し器の中にいるような蒸し暑さだが、やはり暑い夏はなんだか嬉しいのである。汗をぬぐいながらもいつまでもこの灼熱の夏が続いてくれることを、夏の後半に向けて密かに思う今日この頃である。
 
 さて、今日は昨日オークションで購入したOLYMPUS用のズームレンズが納品され、早速テストで屋上より本郷通りを狙って激写!…さすがに75〜150ズームとなると拡大率がすごい。状態がすごく良かったので購入したのだが、はたしてこんなズームアップを…本当に使うんだろうか…。
 
 ここ二日程、また悪い虫が騒ぎ出している。どうもマニュアルにハマってしまった僕は、最初の35mmカメラであるMINOLTAのTC-1に何か複雑なものを感じ始めてしまった。TC-1は無論、オートフォーカスで、普通の人から見れば本当に高機能にして、仕上がりも美しく、抜群なカメラであることは百も万も承知なのだが、どうもしっくり来なく、最近めっきり出番が少なくなってしまった。

 マニュアルに洗脳されている今の僕にはTC-1はどうも遠い存在なのである。TC-1はコンパクトカメラなのだが、機械式のコンパクトカメラがある。Rollei35である。

 今は多くを語れないが、確実に僕の近くに来ている…気がする…のである…