日々における真空報告官の御動静をお伝えします
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< POCKY CMにYMO | main | カメラ的「食わず嫌い王」選手権 >>
Kodack ELITE CHROMEがすごい!


 ようやく前回の部活のポジのデータスキャニングが納品になった。

 まず1300万画素スキャニング、すげーいい! コントラストもポジに忠実だし、このデータならA3ノビにプリントしても耐えるクオリティ。早い話が1000万画素クラスのデジカメで撮影したのと同じデータ量になるわけだからね・・・。

 まずびっくりしたのがコダックのエリートクロームを使ったら青がますます青くなったこと! デジカメ分野でもコダックはCCDを販売していて、搭載機種は「コダックブルーが出る」とはオリンパスでもよく話されていたことがあるが、まさしく「これが本家Kodackブルーだ!」といわんばかり。過去のベルビアなんかで撮影した空と比べると言葉をなくすほどに奥ゆかしい青が発色する。ありがとうKodack。



 この日は先日購入した"クモリ"付 Canon 50mm/1.2 Lマウントのテストも兼ねていたのだが、全然問題なし。いや、これだけの解像力があれば十分です。

 Canon 50/f1.2を使っていて思ったのは「通常撮影の取り回しでは1.2あたりが作品撮影における限界かな」ということ。大解放になればなるほどピンがシビアになるし、構図を考える僕の撮影手法だと、いつのまにかピンが意図したところからはずれかねないなと・・・。

 開放戦線は楽しいが、ここらへんで一度休戦して、撮ることに専念したいと思った次第。



 それにしても気持ちよく青くて青くて・・・、確かに今年の夏の青空は今までになくブルーで、気持ちがよかったな。



------------------------------------------------------
人生は とても素敵な Project:SEQUENCE! Blog


スポンサーサイト
COMMENT