日々における真空報告官の御動静をお伝えします
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Kodack ELITE CHROMEがすごい! | main | ガチョーン! 谷啓 急逝 >>
カメラ的「食わず嫌い王」選手権
 

 「ライカ使い」は多いが、わざわざM5を使っている人はあまりみかけない。netでもleica M5についてのデータというのはあまり見かけないのが現状。そう、M5はM型Leicaブランドの"鼻つまみ者"だからだ。

 従来のM型よりもゴツゴツと肥大化したボディと特徴的なフォルムが人を寄せ付けず、結局4年という短い期間生産されて終わってしまったLeicaである。

 僕も今のカメラ人生では「第二期Leicaブーム」の只中にいるが、第一期の時ももちろん、今回でさえ「M5はとりあえずナシで」と、見向きもしないできた。

 昨日、カメラ店で偶然展示実機として触れるM5を発見し、手にとってみれば、これがなんだかすごくいい。ファインダーも見やすいし、追針式の露出計も気持ちがいい。ファインダーを見ながら、ダイレクトにシャッタースピードを変更できるシステムも現在のM型よりも優れている特長だ。

 他所から見ると大きく見える外観も手に取ればさほど気になるものでもなく、ベンツに乗っている人がジープ型のベンツに乗り換えたような・・・ブランドとしての居住性はまったく失われていないな、と思わせる感じでとてもショックを受けた。

 何故に今まで触れてこなかったのか。今回はM2を購入したが、もしかすると事前にM5の感触を知っていたらM5を購入したかもしれない! と思わせる名機。

 いつかこの手に。それまでは不人気のままで、今の価格を保ってほしい。何しろ歴代で一番生産数の少ないM型Leicaなのだから。。。



------------------------------------------------------
人生は とても素敵な Project:SEQUENCE! Blog

スポンサーサイト
COMMENT