日々における真空報告官の御動静をお伝えします
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 神田光画部 いよいよ奥多摩湖ロープウェイに”潜入” | main | 昭和生まれの方必見! アイ・アイゲーム >>
神田光画部 積雪撮影の巻
 流鉄流山線

 「連休だけど、部活ができるのは金曜日だけ」ということで、雪降る金曜日に光画部を開催。やるなら寂びさびとした雪景色? とか色々考えたけど思いつかず、路線図を見た思いつきで流鉄流山鉄道沿線をチェックしてみよう! ・・・という企画。

 今回も記録&歿写真より寒々とした部活動のご報告。

 流山線はもちろん見たことも、乗ったこともなかったが、馬橋駅という以外と「近い田舎」から出ている「馬橋〜流山」をほぼ12〜13分で結ぶ小さな鉄道。車両も西武電鉄の中古で堂々たる2両編成、勿論ワンマン運転。


流山駅

 油断しているとあっという間に流山駅。駅の向こうにはすぐに検車場が控えています。流山駅に着けば雪も段々大降りになってきてます。既に右手は悴んできていますがとりあえず気合です。

醤油工場

 歩くこと三十数分、キッコーマン流山工場へ達しますが、我々の体力も既に限界に達しており、指先に痛みを覚えながらも寂びさび醤油工場を撮影して流山駅に退避、松戸まで撤収せざるを得ませんでした・・・。

 今日はNEX-5のみの持ち出しでしたが撮影わずかに60カット。もう少し頑張れたような、もう限界なような・・・寒さを舐めて防寒体制が甘かったのも問題でした。

 松戸で珈琲を飲みつつ、体力回復と共に眠気に襲われていましたが、更なる療養の為、常磐線で一路、上野に反転して飲み始めてしまうのはいつものことです。

 今日の経験は次回に活かされるのか?! 自戒したいと思います。チャンチャン。
スポンサーサイト
COMMENT