日々における真空報告官の御動静をお伝えします
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 東日本大震災顛末記 | main | 第二次北海道行幸録 (R指定) >>
写真部復興! 箱を買ったり函を買ったり。
 

 震災後、初の神田光画部。とにかく今回の震災では今の撮影主力のLeica M3とM5が大きな打撃を受け、経済的にも、メンタル的にもかなり「被災」している幹事。

 特にM5はファインダー窓が割れるというかなりの致命的打撃・・・。結局このM5については追々修理をかけることとして、しかしM5無くして今の撮影活動は無理・・・ということで急遽もう一台新たにM5を調達! 既に意地になっている・・・。

 震災の前の週にM8とOLYMPUS E-3の売却、納品を終えていたので予算があったというのがかなり大きい。納品前に地震が着ていたら明らかにこの2つのカメラは傷が付き、売買契約は白紙になっていたに違いないと思うと・・・40万円近い金額が動いていたので不幸中の幸いと考えるしかない。。

 今回は新たなM5を担いで颯爽と部活を復興!・・・と思っていたが前日飲みすぎて12:30秋葉原集合。とりあえず鰻屋に腰を酒を飲んだり鰻重を食し、気分を落ち着かせてからブラブラと河童橋に向けてブラ散歩状態。途中、舶来工具ばかりを取り扱う店を発見し、ひやかすが、ペンケースのような妙なサイズの金属の函に引かれてとりあえず安かったので二つ程購入。何かカメラの部品でも収納しようと思う。まだ用途未定。

 そして河童橋。土曜なので多くの店が開店している。昼に鰻を食べたせいか、思い出したのは「そうだ、家で鰻を食べる時にいつも器に困るではないか!」という事。たまにレトルトチックな家庭用鰻をいただいたり、購入したりするんだが、自宅で食べる時、本当に盛り付けに困る。やはり鰻にはあの「重箱」が必須アイテムなのだ。と、いうわけで早速什器屋を巡って鰻重用の什器を購入! ¥1200也。これで心置きなく家庭で鰻を楽しむことができる。。

 16:30あたり、既に写真部というより河童橋ツアーとなっていた我々は河童橋珈琲にて部活を終了。振り返ればシャッターはあまり切られず、僕の手元にはいろんな”ハコ”ばかりが残るのだった。
スポンサーサイト
COMMENT